キトサンサプリメントの正しい飲み方やタイミングなどを調査していくサイト コチラのサイトでキトサンサプリメントに関する情報を集めておきますので、興味がある人は是非ご確認くださいませ。 キトサン

パニック障害にキトサンが効くというのは本当ですか?キトサンのパニック障害への効果

■キトサンがパニック障害を緩和させる
パニック障害の発症率は精神疾患の中でも比較的多く、100人に2人がなんらかのパニック障害の症状を経験したことがあるといわれています。極度の不安感や恐怖に襲われるパニック障害は、めまいや吐き気、呼吸の乱れ、動悸、意識障害などを引き起こすことがあり、とても苦しいですよね。悪化すると外出もままならなくなり、安眠も妨げられることがあります。

そんなつらいパニック障害の症状を、キトサンは緩和させることができるといわれています。

■セロトニンをコントロールさせるキトサン
パニック障害は、脳内のセロトニンが少なすぎたり多すぎたり不安定な状態にあることが、原因のひとつといわれています。セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれ、これが適した量に落ち着いていれば、不安感に襲われたりイライラしたりすることを軽減できるのですね。

キトサンは、摂取すると腸壁から吸収され、腸神経系を伝って直接脳へ作用し、脳内のセロトニンの量を調節するはたらきがあります。多すぎればおさえ、少なすぎれば分泌をうながし、ちょうどいい量にコントロールしてくれるのです。

■悪いものを排出する効果も
またセロトニンは、体内にとどまっている有害な物質や老廃物を排出させる作用もあります。セロトニンが体内を浄化させ、めぐりをよくすることで疲労快復にも効果があり、イライラの軽減にも役立つのです。

■薬物療法の前に試してみる
パニック障害の薬物療法は、抗うつ剤や抗不安剤などの服用が一般的です。これらは脳内の神経回路にダイレクトに作用するため、相性が合えば効果は高いのですが、どうしてもだるくなったり耐えがたい眠気に襲われたりという副作用がついてまわります。また、服用し続けることで人格に影響が出る可能性も指摘されています。

キトサンは、こうした副作用や薬への依存性もなく安全性が高いので、安心して摂取することができます。ぜひ、薬物療法をとる前に試してみてください。パニック障害の症状を改善させるには、パニック発作のときだけに飲むのではなく、日頃からセロトニンの量をコントロールしておくために継続的に摂取するのがおすすめです。

▲PAGE TOP